関西2府4県早朝深夜も24時間スピード対応ハチ駆除をミッションとしています 大阪 京都 奈良 兵庫 和歌山 三重

ハチ知識や注意

  • HOME »
  • ハチ知識や注意

日本にいる代表的な蜂は

蜂の巣日本にいる蜂はミツバチ・アシナガバチ・スズメバチに分類できます。それぞれ違った生態を持っており性質もそれぞれ異なっています。いちばん危険な種類がスズメバチで、巨大なものでは5センチ近くにもなるものも存在しています。縄張り意識が強く巣に近づくものに無差別に攻撃します。アシナガバチはスズメバチに比べれば凶暴ではありませんが巣に近づくものを攻撃するという性質はスズメバチと同じく注意が必要です。

ミツバチはあまり人を襲うことはありません。しかし巨大な蜂の巣を作るため、家の軒下や屋根裏などが蜜まみれになってしまう被害があります。

アナフィラキシーショック蜂に刺されることによる死亡事故にご注意

テレビのニュースなどで蜂に刺されて亡くなるという話を聞いたりします。特にスズメバチによる死亡事故は毎年何例も報告されています。そのような事故が多いと蜂の持つ毒はよっぽど強いのではないかと思ってしまうのですが、蜂の毒は殺傷能力あるほど強くはなく、蜂に刺されて亡くなる原因のほとんどは「アナフィラキシーショック」というショック症状です。

人は一度体内に毒が入ると抗体をが作ります。その後同じ毒が入ってしまうとその抗体が過剰に反応し、ショック症状を起こします。そのためスズメバチに刺されて亡くなってしまう人は刺されるのが2度目以降である可能性がとても高いのです。

このショック症状は発生してしまうと1分と経たないうちに呼吸困難やけいれんなどを起こし、急激な血圧低下により亡くなってしまうことになります。

スズメバチ、アシナガバチなどで毎年多くの方がショック症状で亡くなっています。蜂の巣を見かけたらなるべく近づかず、プロの蜂の巣駆除業者に依頼することをお勧めします。

ハチに刺された場合の大切なこと

鉢に刺されたらまずは刺されたその場からさることが重要です。近くに巣がある可能性があり集団で更におそってくる可能性があり大変危険です。また、すぐ毒を体外に出すことが先決です。蜂の針が残っている場合取り除き、強くつまむなどして早めに毒を外に排出することに専念しましょう。その後水洗いなどで冷やしながら必ず病院へ行くことをおすすめします。スズメバチなど猛毒の蜂に刺された場合、ショック症状を起こす可能性もあります。

毎年蜂に刺された方がショック症状で何人もの人が命を落としています。身近な生き物といっても安心せずに、刺された場合は迅速な対応と必ず病院へ行くことが何よりも大事なのです。

自身で行う蜂の駆除はかなり危険です

ホームセンターやドラッグストアでも蜂駆除専用のスプレーなどが購入できご自身で駆除される方もいらっしゃいますが、たくさんいる蜂の巣にスプレーをやみくもに噴射すると敵対した蜂は集団で襲う修正がありかなり危険です。

特にスズメバチはほかの種類の蜂に比べ強く、巣に近づくものを無差別に襲います。スズメバチに刺されると激痛から動けなくなり、後に大量のスズメバチに囲まれる恐ろしく最悪ケースもなりかねません。

蜂駆除用のスプレーの効き目は確かにあるのですが、蜂の巣を見かけたらスプレーを過信せず、必ず蜂の巣駆除の専門家に依頼をオススメいたします。

お気軽にお問い合わせください。 年中無休 TEL 0120-94-4649 受付時間8:00-24:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE