関西2府4県スピード対応 ハチ駆除関西 大阪 京都 奈良 兵庫 和歌山

蜂の種類と危険性

  • HOME »
  • 蜂の種類と危険性

テレビニュースの蜂の巣、蜂駆除業者などのインタビューでスズメバチに刺されてショックで亡くなってしまったという記事を耳にしたことはあるでしょうか?人を死に追いやってしまうスズメバチはとても恐ろしい生き物であると言えますし、蜂の巣、蜂駆除の依頼は年々増えています。現在、森や林だけではなく都市の中心部にも進出し被害が増えています。スズメバチで亡くなる被害数は毒蛇の毒で亡くなる被害数を大きく上回っているほど多いのです。そのなかには蜂の巣、蜂駆除中に亡くなってしまった例も報告されていますのであまり経験のない方が蜂の巣、蜂駆除を行うということは命に関わるほど危険であると言えます。

蜂の巣、蜂駆除業者によると、種類は世界中では何万種類もいるそうです。一般的に日本でよく見かけられる種類は大きく分けて3種類です。まずは危険な種類で有名な「スズメバチ」、蜂の巣、蜂駆除業者によるとサイズは大きいものだと4センチを超えるのを見たこともあるという最も大きい種類の一つです。巣は閉鎖されていてとても硬いうろこのような模様の巣になっていて、軒下や場合によっては屋根裏などにも巣を作っていた例を蜂の巣、蜂駆除業者から聞いたことがあります。次に「アシナガバチ」という種類があります。サイズはスズメバチに比べると2回りぐらい小さくなっており細長い体系が特徴的です。巣は一般的によく見る形の巣でサイズはそんなに大きくは無くソフトボールぐらいの大きさが多いです。もう一種類はサイズの一番小さい「ミツバチ」です。サイズもスズメバチやアシナガバチに比べれば小さく。ずんぐりしているのでかわいらしく見えますがもちろん毒針を持っています。ミツバチは床下や天井裏に大きな巣を作ることもあり、蜜が家の中に流れてしまうという被害もあります。蜂の巣、蜂駆除の依頼件数としてはスズメバチが一番多いのですが、全ての種類に対して蜂の巣、蜂駆除の依頼件数が最も多い夏場は特に注意が必要です。

お気軽にお問い合わせください。 年中無休 TEL 0120-94-4649 受付時間8:00-24:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE