関西2府4県スピード対応 ハチ駆除関西 大阪 京都 奈良 兵庫 和歌山

ハチに刺されたら

よく刺刺されて死亡した事故の話を蜂の巣駆除の専門業者などから聞きますが、針からの毒が命を脅かすわけではありません。命を落とされる方は「アナフィラキシーショック」と呼ばれる症状で亡くなるケースがほとんどです。アナフィラキシーショックとは一度スズメバチなどに刺されたことで体内に毒に対する抗体ができ、2度目に刺されるとその抗体が過剰反応を起こしショック死してしまうという症状のことです。ですので、スズメバチに1度刺されたことがある人はその可能性が高いので注意が必要です。蜂の巣、蜂駆除に慣れている蜂の巣駆除の専門業者によると巣を見つけたらあせらずゆっくりと遠ざかることが大事だと言います。びっくりして手で払ったりしてしまいがちですが、できるだけ静かに低い姿勢で蜂や巣から離れましょう。蜂の巣駆除に詳しい専門家が言うには縄張りを持っており、その縄張り内に入ったものに対してはまず威嚇をし、それでも離れなければ攻撃をしてくるとのことです。もちろんその攻撃対象が黒いものであればさらに危険度が増します。もちろん私たちが気づかないうちにスズメバチのテリトリーに入ってしまっているという状況も考えられます。そのようなときにも慌てず落ち着いて行動ができるようにこれらのことは頭の片隅に入れて置いていただけたらと思います。もし刺されてしまった場合は痛みと腫れがひどくなります。刺されたらまずは傷口から毒を手で搾り出して、水で洗いましょう。その後は皮膚科に診てもらうことをお勧めします。

お気軽にお問い合わせください。 年中無休 TEL 0120-94-4649 受付時間8:00-24:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE