原産は中国、遺伝子は韓国という凶暴な昆虫が日本に侵入、深刻な問題になりつつある。長崎県対馬に定着した外来種の「ツマアカスズメバチ」で、人間も襲うどう猛さから「殺人バチ」とも呼ばれる。ニホンミツバチなどが餌になるため養蜂産業への打撃や在来種への悪影響が懸念され、関係者は対応に追われている。

全身は黒で、頭と腹部分が赤く、体長は最大で3センチ。雑食で繁殖力が強く、巣を刺激すれば人間を追尾する。攻撃性の強さで知られるツマアカスズメバチ。欧州や韓国では生態系への影響が懸念され、人間への被害も問題化している。

(記事引用:ZAKZAKニュース

詳細記事はこちら

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20140620/dms1406201206019-n1.htm



関西2府4県圏外地域の方
蜂駆除全国版で検索
@蜂駆除